新着ニュース

鐘(かね)の音(ね)再びロザリオ教会に!2017.8月

 8月15日被昇天を迎えたロザリオ教会に、何十年振りだろうか。鐘の音が軽やかに響いた。ミサの前、祭壇前に台と共に仮置きした鐘をロイ神父に祝別して頂き、玄関に移動し固定して紐を引いた。

 私たちには初めて聞くロザリオ教会の鐘。愛生園のUさんをはじめ参加者一同、喜びの内に被昇天ミサに与かることができた。ロイ神父はミサの中で、「これからこの鐘を大事にしましょう!」と。

 なお、ミサに与かれなかった愛生園のIさんには事前に鐘をお持ちし、音色を聞いて頂き、これからの教会の鐘に思いを馳せてもらった。

 

 この鐘は何処から?6月のある日のロザリオ教会でのミサで「鐘が檣灯センターに保管してある!」との話があり、「鐘は貴重な遺産であり、歴史の中に埋もれさせてはならない。再び鐘の音を聞きたい」と言う思いが膨らんだ。錆を落とし、木製の台を作った。64年前の献堂に際して教会中央屋根の鐘楼に設置され、鐘の音で信徒を迎えていた(と思われる)が、どの様な事情でか数年後?には鐘楼から降ろされ、聖堂裏の小屋の外で風雨の中、野ざらしに。聖堂内で紐を曳いて屋根の上の鐘を鳴らしていたため、どこかで雨漏り等の不具合が起きていたのかも知れない。それで降ろしたのか?

                                                       (ロザリオ教会は、岡山教会の巡回教会で、愛生園の敷地内にあります)

                                                                               ロザリオ教会支援グループより

続きを読む

第12回 福田浩子ソプラノ・クリスマスコンサート

フィリピン・インファンタの高校生支援チャリティーコンサート

 

三姉妹教区委員会主催フィリピン・インファンタ教区訪問では、

毎年、10名近くの司祭信徒たちが参加しています。

フィリピン・インファンタ教区からは、隔年カルメル高校の

教師と生徒を日本に招いています。

お互いに文化の違いに戸惑いながら、短い訪問で、

たくさんのことを学び、感じ取り、貴重な経験をされて

帰国しています。

 

福田浩子さんのこのクリスマスコンサートの収益金は

そのインファンタ地区カルメル高校の学生支援に

寄付されています。

 

 

聖マリア在俗会からのお知らせ

聖マリア在俗会から召命を考えられている女性信徒の方へ

お知らせです。

 

興味のある女性の方、ぜひご参加ください。

 

 

司教と語り合う夕べ

倉吉教会からのお知らせ

英語とタガログ語ミサのお知らせ

続きを読む

グループ最新ニュース

第50回中国ブロックカトリック高校生大会 (土, 27 2月 2016)
>> 続きを読む

バスで行く2017平和行事のご案内 (水, 12 7月 2017)
>> 続きを読む

YUKATA DAY 2017 (火, 08 8月 2017)
>> 続きを読む

地区司牧協議会開催のお知らせ (水, 05 10月 2016)
>> 続きを読む